DSC00816.jpg
真照寺(中塚・白).png

新着情報

真照寺の歴史

寺伝では、平安末期の寿永元年(西暦1182年)に磯子の領主・平子有長によって再興されました。それ以前の記録はなく開山開基は不明です。

平子有長は『吾妻鏡』にも名前の見える武将で、曾我兄弟の仇討ち事件では、源頼朝の陣屋警護の任務についており、曾我祐成(曾我十郎)と切り結び負傷しました。 寺伝では、重傷を負いながらも生還できたことを日頃から信仰する毘沙門天の加護と喜び、当寺に毘沙門天像を奉納したとされています。 

江戸時代には、幕府から朱印寺として、特別な祈願をする寺と認められていました。当寺の寺子屋は、明治に磯子真照学舎となり、現在の横浜市立磯子小学校です。

 
DSC01056.jpg

横浜毘沙門天

横浜毘沙門天でおなじみの、高野山真言宗禅馬山三郷院真照寺は、寿永元年(1182年)に、磯子の領主平子氏によって中興されたと伝わります。
本堂に安置されております毘沙門天像は、横浜市の指定文化財となっております。
(平成20年度、横浜市指定有形文化財(平安時代後期、12世紀前半頃の作))

 

本堂ご案内

To play, press and hold the enter key. To stop, release the enter key.

本堂は昭和37年に落慶した天竺様式の建物です。鉄筋コンクリート造りで冷暖房完備、椅子席という、当時としては非常に斬新な建物でした。

​御本尊の阿弥陀如来立像、横浜市指定有形文化財の毘沙門天立像、宗祖弘法大師坐像の他、多くの仏様が鎮座しています。ダライ・ラマ十四世法王が来日した際に使用した護摩壇や、真言宗各派の管長猊下の直筆の書なども納められています。

 
DSC00827_edited_edited.jpg

​磯子大仏の聖地

​和光ホール

大きな仏様に見守られる小さな葬儀&永代供養納骨壇

 

住職ご挨拶

阿弥陀三尊像が昨年の十一月に横浜市都筑区の博物館に展示され、空になった裏堂を綺麗に掃除し壁紙も新しく張り替えました。搬出した場所に本堂の様々な所に安置されていた仏像を集めて安置しました。照明も新しくして何十年ぶりの大掃除となりました。

コロナに迷走させられた一年でした。今年も未だ終息はしておりませんが新しく私の弟子となった光隆(こうりゅう)を立派な僧侶に成れる様、今年も指導していきたいと思います。

現在、駐車場となっている場所に二階建ての納骨堂が建築されます。庭園はそのままに残しますが木を増やし整備しました。

オリンピックの開催は実施出来るかは不明ですが海外を含め人と人との絆が大切に成る一年と存じます。

「相互供養 相互礼拝」

​令和3年 元日

 
 
 
DSC00558.jpg

お問い合わせ

横浜毘沙門天・禅馬山真照寺のwebサイトへご来場いただきありがとうございます。お問い合わせは下記のフォーマットより承っております。

送信、承りました。

お電話、FAXは下記の通りです。

電 話:045-753-5147  FAX:045-752-6348